出会い大全集 出会い系でゲットした女の子にハメ撮り交渉!!天国地獄!!

オススメ出会い系スペース出会った女の子一覧
使ったサイト
人妻無料解放区

ノエル
気軽に参加しやすく、使いやすい。しかも出会えるチャンスも多い!男性も女性も登録・利用無料です。あなたも今すぐエントリー♪ 出会いを応援する強力ツール。

 

関連出会い大全集紹介サイト

yajirushiセフレ!セフレ!セフレ!
yajirushiノエル
yajirushi直アドゴーゴー

女の子スペック(満点☆5ツ)
  • 名前:ありさ
  • 年齢:26歳
  • 職業:OL
  • おっぱい:☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ルックス:☆☆☆☆
  • スタイル:☆☆☆☆
  • 性格:☆☆☆☆☆
  • お尻:☆☆☆
  • アソコのにおい:☆
  • 膣圧:☆☆☆
  • 出費
  • 食事代:4,000円
  • ホテル代10,000円
  • 合計14,000円
  • 出会った女の子一覧

    20、ありさ (26)

    「どんな女の子がタイプなの?」


    と聞かれることがたまにあるが、オレはそんなとき


    「明るい子かなあ。」


    とか


    「夢を追いかけてる子かなあ。」


    とか遠くを見つめながら答えている。


    そして、そんな風に思ってもないことを答えるたびに自己嫌悪に陥ってしまう。


    バカバカバカ!オレのバカ!嘘ついちゃだめだよ!


    だって本当のオレの好きな女の子のタイプは、


    「おっぱいが大きい子。」


    なんだもん。

     

    というか男子の97パーセントがたぶんオレと同じ考えだと思う。

     

    残りの3パーセントは「逆におっぱいが小さい子が好き」ということなんだろう。


    そんなオレと同じようにおっぱい好きにお勧めなのが今回紹介するサイト『ノエル』だ。

     

    それともこのサイトに巨乳の子を引き寄せる何かがあるのか…。まさに胸が躍るサイトである。

     

    とまあ、巨乳の女の子しかいないというのは大袈裟だが、

     

    とにかく会員が多いからじっくり吟味して巨乳ちゃんを探してくれ!

     

    完全無料だから、時間も許す限り大丈夫!とにかく地道にやることが大切なんだ!

     

    幅広い年齢層の女性に大人気のこのサイトのおかげで沢山かわいい子と出会えました。

     

    今までも、レポートにあげてある女の子や、他にも数え切れないほどいい結果がでている!

     

    肌寒くなってきた秋に、そしてこれからもっと人恋しくなる冬にまずは、抑えておきたいサイトである。

     

     

     

     

    そしてそして、

     

    このサイトで知り合ったありさちゃんからは元彼の愚痴のメールが沢山来た。


    「ほんとひどい奴だったんだよ。浮気もしてたし。最低だよ。」


    「オレだったら絶対そんなことしないのに。」


    「やさしいね。今度会って慰めてほしいなあ。」


    メールで愚痴を聞いているだけでいつのまにか好印象をもたれていてデートをすることになった。


    やはり聞き上手はモテるらしい!

     

    待ち合わせ場所には遠くから見ても胸が大きいと分かるありさちゃんがいた。


    オレのテンションは一気に上がってきた。


    「こんにちはー!」


    声もとてもセクシーだ。Tシャツにプリントされたミ○キーの絵が、

     

    おっぱいでふくらんでいる。確か昔こんな感じで、

     

    Tシャツにプリントされたカエルのキャラクターが喋るアニメがあったなあ、

     

    などとどうでもいいことを考えてしまった。


    「あーおっぱい見てるー。」


    「違う違う、ミ○キーの絵がかわいいなあと思って。」


    と慌ててフォロー。


    「お腹すいてない?どっか食べにいこっか。」


    「うん、お腹ペコペコなんだ。」


    オレたちはレストランで食事をすることにした。

     

    ご飯を食べながらもありさちゃんは良く喋った。

     

    職場の友達の話。好きな歌手の話。子どもの頃にはまったマイムマイムの話。

     

    話すのが好きな子みたいだ。


    「この前友達とグアム行ってきたんだー。バナナボート超面白かった!」


    「いいなあ。オレ最近海外旅行行ってないから羨ましいなあ。」


    「じゃあ今度一緒にグアム行こうよ。面白いよー。」


    「ほんと!絶対行こうね!」


    会ってまだ数時間しかたってないのに一緒に海外旅行に行くことになったのは凄い。

     

    いや、あれは絶対テキトー返事だったろうけど。


    「最近血液型の本売れてるよねー。私何型に見える?」

     

     

    ……


    「うーん、FかGじゃない?」


    「もう、おっぱいのこと考えてるんでしょ!!」


    怒ったありさちゃんもかわいい。


    「そういえばオレ手相見れるんだよね。」


    「えー!ほんと!見て見て!」


    「左手の人差し指と中指の間からスタートしている線が、

     

    薬指と小指の間までどのくらい伸びてるかを見るんだよ!」


    そう言いながら俺はありさちゃんの手をペタペタ触る。

     

    こうやってボディタッチをしたいがためにオレは必死に手相を勉強したのだった。


    ボディタッチをうまくやれば、相手もエロイ気分になるのでエッチできる可能性が高くなる。


    「エッチするためにはどんな努力も惜しまない。」

     

    というのがオレの座右の銘だ。


    ちなみに、女性の考えていることを研究するために『CanCam』と『ViVi』も毎月読んでいる。フッハッハ!!


    「あ、ありさちゃん線が長い!じゃあエロいね。長ければ長いほどエロいんだよ。」


    「えーほんとなの?」


    ちょっと不安そうなありさちゃん。


    「大丈夫だよ!オレもその線長いからエロいし。ありさちゃんだけじゃないよ!」


    なにが大丈夫なのか全然分からないが(笑)


    そのあと、うまくコミュニケーションをとったのが幸いしてか

     

    いいペースに………。ほっぺたにキスをしたりしてイチャイチャしていた。


    口にキスをしようとすると


    「こんな人が沢山いるところで恥ずかしいよ…。」


    とありさちゃんはうつむきながら言ったので、


    「じゃあまわりに人がいないところに行けばキスしてもいい?」


    「うん、でもキスだけだよ。」


    「キスだけかは分からないけど(実際は確実に分かっているが…)嫌がることはしないよ。」


    「うん、それならいいかな。」


    こうして仲良く手をつないでホテルへ直行した。

     

    ホテルに入ると早速エロいムードになった。


    「これで誰にも見られずにキスできるね。」


    「うん。」


    しばらくキスを繰り返したあとで


    「なんか暑いね。」


    と言って俺は上半身裸になった。むしろ実際はエアコンがキンキンで寒かった。


    「ありさちゃんも脱ぎなよー。」


    「そうだね。」


    と言ってありさちゃんが服を脱いでいく。(え!?脱ぐの!?まいっか笑)


    「おー!豹柄の下着だ!似合ってるねえ!」


    下着姿の色っぽさに思わず興奮してしまった。


    「ありがと。なんか恥ずかしいけど。」


    下着を取って胸を揉みまくる。


    「あんっ!」


    とかわいい声をだしてありさちゃんは感じている様子。


    「ねえ、一生のお願いがあるんだけど。」


    「なになにー?」


    興味津々のありさちゃん。


    「できれば、あ…その、できればでいいんだけどパイずりしてほしいんですけど…。」


    「何それー。アハハ。そんなので一生のお願い使っちゃうの。いいよ。してあげる。」


    意外にあっさりOKしてくれたのでオレは驚いた。


    「どうやればいいか分かんないから、そんなにうまくできないよー。」


    ありさちゃんのポニョポニョのおっぱいがオレのあそこを包み込んだ。

     

    こ…これが、胸の谷間のポニョ…っ!ここからミヤザキハ○オはヒントを得たんじゃ…!?


    生まれて初めてのパイずり体験に、オレはその場でポニョの歌を口ずさんでいた…。

     

     


    やばい!気持ちよすぎる!


    そして、普通のパイずりから乳首であそこを刺激する乳首パイずりになった。


    噂では聞いたことがあったが、これが乳首パイずりってやつか…。


    その気持ちよさは、完全に劇場版ポニョを超えていた。


    さらに、パイずりしながらのフェラ攻撃でオレはもうお手上げ状態だった。


    いつもは責めるのが好きなオレだが

     

    今回ばかりは完璧に受身になってしまっていた。


    「あ、やばい、イキそう…。」


    「えー!まだイっちゃだめだよー。私も気持ちよくなりたい。」


    そうだ。次はオレが彼女に奉仕する番だ。

     

    加○鷹の「究極秘技伝授」を読み反復練習を繰り返し実践でも鍛え上げた、

     

    自慢のフィンガーテクを駆使して指であそこをいじりまくる。


    「ああっ…いや…あああっ、ああんっ」


    そして丁寧に全身を舐めていった。あそこも入念に舐めると、ありさちゃんのあそこがヒクヒクしてきた。


    「もう我慢できない…。もっともっと…。」


    オレは挿入して激しく突きまくった。座位、騎乗位、バックと体位を変えて責め続けた。


    「ああんっ。気持ちいいっ。もう…。あっ。」


    胸が勢いよく揺れている。最後は正常位に戻って胸を揉みながらフィニッシュ。


    「今日たくさん揉んだからまた胸大きくなるかもね。」


    エッチのあとにオレがそう言うと、


    「そうかなあ。またパイずりしてあげるね。」


    と感動のお言葉を頂いた。


    今回おもったこと、やっぱりおっぱいは…いいっ!!!
    (完)

        

    ノエルを使って出会った女の子

        
    メルマガ登録