出会い大全集 出会い系でゲットした女の子にハメ撮り交渉!!天国地獄!!

タフネス的後記スペース出会った女の子一覧
  •     タフネス金澤
  • ハ〜イ!タフネス金澤です!
    (。ゝ∀・)ゞ
    目線での紹介お許し下さい!なんてったって、今まで泣かせた女の数は数知れず!女にマジで殴られたこと20回!殺されかけたこと3回!
    いやー!我ながらすごい人生だなって関心しちゃいます! とりあえず、護身用として、目線だけ、入れさせてください!勘弁してください!もぉ殺さないで下さい!
    というわけで!!!
    まあ、仕事は仕事!
    今回、出会いサイトを使ってハメ交渉バッチリ決めてきました!夏の暑さが女の子をエロくさせるんですかね〜〜
    (*゚∀゚*)
    今回使ったサイトSENTAR(センター)は、はっきり言って楽勝!会員数が膨大ですから、着実にやれば、必ず自分に合う子います!もちろん、今回のミッション以外でも使ってます(笑)
    エロくてすいません!
    殺さないで下さい!
  • データ
    タフネス必勝サイト
    SENTAR(センター)


    SENTAR(センター)
    登録者数の年齢層が幅広い!圧倒的な会員数!それはすなわち、出会い指数がかなり高いサイトということだ!
    完全無料なのでコストパフォーマンスもズバ抜けてよし!サクラも無しと、正にの完全無欠のサイト!

     

    関連出会い大全集紹介サイト

    yajirushiセフレ!セフレ!セフレ!
    yajirushiノエル
    yajirushi直アドゴーゴー

    タフネス的女の子スペック
    (満点☆5ツ)

  • 名前:まき
  • 年齢:21歳
  • 職業:女子大生
  • おっぱい:☆☆☆
  • ルックス:☆☆☆☆
  • スタイル:☆☆☆☆☆
  • 性格:☆☆☆☆☆
  • お尻:☆☆☆☆
  • 美肌:☆☆☆☆☆
  • アソコのシマリ:☆☆☆☆
  • タフネス的出費
  • 公園代:プライスレス
  • ホテル代20,000円
  • 合計20,000円
  • 出会った女の子一覧

    15、まき (21)    タフネスレポート第一弾!!

    どうも!みなさん!今回、わたくしタフネス金澤が、出会い大全集にイメージキャラクター!?として、

     

    大抜擢されましたので、ぼくの必勝を伝授しちゃおうかと思います。

     

    ぼくのコラムが読めるのは出会い大全集だけなんでよかったら、毎日チェキってね!

     

    まず、今回利用したサイトは超有名サイトの「SENTAR(センター)

     

    まずは、ここから攻略していこう!

     

    圧倒的な会員数で、もちろん女の子の登録も多く、失敗してもすぐに次の子が見つけられる!

     

    会員数が多いメリットを利用しまくろう!!

     

    そしてそしていざ利用して、ある程度女の子とメッセージのやりとりをすると、キマシタキマシタ!!

     

    下らないシモネタにも食いついてくる女の子!それがまきちゃん。

     

    お互いの性癖を語り合い意気投合。ってか、まきちゃんは絶対エロいことを確信!!

     

    とりあえず、ダメなら次の女を捜せばいい!「SENTAR(センター)」には女がウジャウジャいるんだから

     

    下ネタでもなんでもいいからガンガン攻めろ!!!

     

    撮影が仕事のぼくに

     

    「じゃ私をモデルっぽく写真撮ってれる?」と彼女。

     

    なんとメールのやり取りをしてからなんと2日でアポ!はっはっは!これがぼくのやり方!

     

    攻める!あるのみです。

     

    もちろん、あまりそういうのは苦手で。。って人もいると思う。

     

    そういうときは、マメにしっかりメッセージの受け答えをすること。結果は必ずやってくる。

     

    そして、このサイトなら、必ず会うことができるはずだ。

     

    会ってすぐにホテルってことはないだろうなと思いつつ、百戦錬磨のタフネス的にエロいにおいを

     

    察知したぼくは、彼女のためにアダルトグッズ店で、ローターを購入。

     

    急いで待ち合わせの駅へ向かう。

     

    「こんにちは。すぐにわかったよ! キャハハ。」

     

    と笑顔で声をかけてきた彼女。

     

    「なんで分ったの?」

     

    と聞くと

     

    「だって〜やらしそうな顔してるもんキャハハ。」

     

    と笑う。完全に図星だ!

     

    なにを話しても必ず最後に

     

    「キャハハ」

     

    と笑う彼女。意外と子供っぽい。

     

    「とりあえずお茶でもする?」

     

    「え〜っ、もう私ドキドキで。早く撮ってほしいな。だって時間空けたら恥かしくてやっぱりやめたって

     

    言いそうなんだもんキャハハ。」

     

    「じゃさっそく行きますか!」

     

    と約束していた公園での撮影を開始。

     

    う〜んいい展開!!

    周りの目を気にせずにポーズを取る。

     

    「撮られるって気持ちいい〜キャハハ」

     

    とハシャギまくり。撮っているこっちが恥かしくなってしまうぐらいだ。

     

    「あれ〜結構、ちゃんと撮ってるんだ。もっとエッチな感じで写ってると思ったのに」

     

    と徐々に彼女のポーズがエロくなってきた。

     

    う〜んなかなかいいムードになってきたなあ〜。

     

    「そろそろメシでもいかない?」

     

    「う〜んそれもいいけどもっと撮ってほしいな」

     

    と物足りなそう。

     

    時間も早いが

     

    「じゃホテルでもっと撮ろうか?」

     

    と言うと

     

    「エッチ!キャハハ。」

     

    と嬉しそうに笑う。

     

    こうなってくると女の子の方が積極的でタジタジすることもある。

    「ねぇどおせ、はじめから、エッチなこと考えていたんでしょぅ〜?」

     

    完全に図星である。

     

    いや〜実はねぇ〜っと、そっとローターも見せるぼく

     

    「なに持ってきてんの〜〜〜!!キャハハ。」

     

    「いや〜念のため!万が一に備えて!!」

     

    「キャハハ。キャハハ。」

     

    「私ねぇ〜それ、まだ使ったことがないの」

     

    意外と好感触!!思ったとおり彼女のかなりエロかった!

     

    そしてホテルでエロいことが始まる…。

    「ねぇ〜キレイに撮れてる?」

     

    と何回も聞きながら次第にポーズがエロく、過激になっていく。

     

    「じゃ、ゆっくり脱いでいこうか」

     

    「いや〜ん、恥かしい〜。」

     

    と言いながらも挑発するような目つきでカメラのレンズを見つめゆっくりと服を脱ぎ始める。

     

    公園の時は子供っぽい感じだったが、今はもう大人の女。

     

    パンスト直履きにも

     

    「この格好ものすごく恥かしい〜。」

     

    といいながらノリノリ!夢中になってシャッターを切る。撮影にも飽きてきた頃、

     

    「ねぇ〜アレ見たいな〜。」

     

    と彼女。ローターを手渡すと

     

    「すご〜い!こんな風になってるんだ。」

     

    と興味津々、スイッチを入れたりして楽しんでいる。

     

    「そのままアソコに当ててみな。」

     

    と言うと、

     

    「え〜っ、やり方わかんない〜。」

     

    といいながらもシッカリとクリにローターを当てる彼女。

    「はんっ、はんっ。」

     

    と小さい喘ぎ声を上げながら感じている。

     

    「凄い! 気持ちいい〜。」

     

    とパンストにシミが出来るぐらいに感じている。

    「いや〜こんなところ撮らないでよ〜。」と

     

    シャッターを切る俺に叫びながらもローターを離そうとはしない。

     

    我慢が出来なくなったオレは彼女からローターを取り上げ、

     

    「こうすればもっと気持ちいいよ。」

     

    と首筋からゆっくりと刺激をする。

     

    「すご〜い、こんなに気持ちいいんだ。」

     

    と腰をクネクネさせながら感じている。

     

    「もっと!」

     

    「そこイイ!

     

    「だめ〜!」

     

    と色々と要求しながらも感じまくり!

     

    「ねぇ、欲しくなっちゃった。」

     

    と言う彼女に

     

    これもまた、ぼくが、もしものとき!

     

    そう!!万が一の有事の際!!

     

    に常備してある

     

    「特大バイブ」をとりだす!備えあれば憂いなし!そう今がこのときだ!!

     

    「なに持ってきてんの〜〜〜!!キャハハ。え〜っ、こんなの入らないよ〜。」

     

    と言う彼女の手を振り払い、パンストを破りゆっくりと挿入。

     

    「ひ〜っ、気持ちいい〜。」

     

    と悲鳴のような声を上げる。

     

    しまいには自分から腰を振り

     

    「もっと〜もっと突いて〜。」

     

    と感じまくり。

     

    「イク〜。」

     

    と悲鳴を上げながらそのままぐったりとしてしまった。

     

    そんな彼女にオレのを口元に近づけると、条件反射なのかパクリと咥える。その内にオレを

     

    押し倒し激しくフェラ。我慢できなくなったのかコンドームを付け自分から上に乗り激しく腰を振る。

    「凄い〜。」

     

    を繰り返しながら何回もイキまくっていた。

     

    彼女がシャワーを浴びている間、時計を見るとホテルに入ってからもう4時間が過ぎていた。

     

    「おなかすいたねぇ。」

     

    という彼女とファミレスで食事。

     

    さっきまで激しく感じまくっていた彼女とは打って違って子供っぽい表情で笑う。

     

    「今日は楽しかった。こんな気持ちイイの初めて。キャハハ。また会ってくれる?」

     

    「いいよ。でも、もっと凄いオモチャ探さないと!」

     

    「キャハハ。」

     

    と嬉しそうに笑う。

     

    「またメールするね。」

     

    と駅でバイバイ。帰りの電車の中彼女からのメールが。

     

    「さっきのこと考えてまた濡れてきちゃった!」

     

    まきちゃんアナタエロすぎです!これが第一弾タフネス出会いレポートの幕開けであった。。。

     

    つづく。。。By タフネス

     

        

    タフネフがハメちった女の子