出会い大全集 出会い系でゲットした女の子にハメ撮り交渉!!天国地獄!!

オススメ出会い系スペース出会った女の子一覧
使ったサイト


セフレ!セフレ!セフレ!
セフレ獲得率は75〜90%と高確率。
目的が同じだから話も早い!今までと違う刺激を求める女性が多数登録。
効果の高い宣伝媒体(ティッシュ配布やビラ、チラシ等)に億単位の広告宣伝費を投入し、人気爆発登録殺到中!全国区対応しているので、同じ市内の人や出先でもすぐにセフレを探しが始められるよ!

 

関連出会い大全集紹介サイト

yajirushiセフレ即ハメ!
yajirushiノエル
yajirushiSENTAR(センター)

女の子スペック(満点☆5ツ)
  • 名前:まり
  • 年齢:19歳
  • 職業:フリーター
  • おっぱい:☆☆☆☆☆
  • ルックス:☆☆
  • スタイル:☆
  • 性格:☆☆☆
  • 陰毛:めちゃくちゃボーボー
  • アソコのにおい:なんかくさい
  • 膣圧:☆☆☆☆
  • 出費
  • ジュース代:200円
  • ホテル代15,000円
  • 合計15,,200円
  • 出会った女の子一覧

    14、まり (19)

    仕事が忙しくて彼女を作るヒマがない(ヒマがあっても出来ないのだが…)

     

    そんなオレが最近ハマッているのがこのサイト。「セフレ!セフレ!セフレ!

     

    だが性格上マメにメールを返信したりという作業が

     

    面倒くさくなってダメになるケースが多い。だが、このサイトはスケベな目的が一緒な女の子が

     

    たくさんいて、そこからスタートできる点が本当にデカイ!

     

    そして今回会えたのが、まりちゃんである。

     

    「今ヒマしていて。」

     

    というメールを見てオレもヤル気に。何回かのメールのやり取りをする。

     

    「今、新宿に行くから。」

     

    と彼女。アルタ裏で待ち合わせることに成功した。ヤッホー!

    「あっホントに来た!」

     

    「当たり前じゃん。もう全力疾走してきたよ。」

     

    「は〜っ、物好きだね〜。」

     

    イヤイヤそういう問題ではないだろう。

     

    「会うはずだった友達がバックレてチョ〜最低。メチャクチャヒマなんですけど。」

     

    「いいよ、今日はオレが遊んであげるよ。」

     

    「遊ぶってどんな事するの?」

     

    「それは後のお楽しみだよ。」

     

    「あ〜気になる。何?何?」

     

    「いいからホレ、ジュースでも飲みなよ」

     

    彼女に手渡し、呑みながら歩き始める。

     

    「いや〜それにしてもカワイイね。」

     

    「そんなことないよ。彼氏だっていないし。」

     

    「マジで? モテそうだけど。」

     

    「え〜っ全然だめ。なんか面白キャラって思われてるみたい。」

     

    「面白い方がいいのにね。」

     

    「そ〜だよね〜。」

     

    最初は取っ付きにくかったが、話をしているうちに和んでくる。

     

    「ちょっとこの辺で休憩でもしようよ。」

     

    「え〜会ったばかりなのに?」

     

    「だからいいんじゃん。」

     

    「でも夕方予定あるし。」

     

    「大丈夫だよ。」

     

    「え〜でも〜。」

     

    「後3時間もあるよ。余裕じゃん。」

     

    強引に彼女を納得させて(こんなやり方はありえないと友達に言われてしまった…。)

     

    ホテルに連れ込む。(でも意外とこの強引さが成功の秘訣じゃないのかな?)

    「なんだか、だまされちゃった感じ。」

     

    不満そうな顔をしながらもベッドに横になって

     

    「あ〜っ、気持ちいい。」

     

    とリラックスしている。ここですぐに、というのはあまりにも芸がなさすぎる。

     

    彼女の横に座りながら話をする。自分の容姿に自信がないのかしきりに

     

    「私かわいくないから。」

     

    を繰り返す。

     

    「そんなことないよ。オレだったら真っ先にアピールするけどな。」

     

    「実際してるし(笑)」

    「体だっていい感じじゃん。」

     

    「そうかなぁ〜。」

     

    そんな会話を繰り返して彼女を徹底的にホメまくる。そしてTシャツの上から優しくなでてあげると、

     

    何も言わずに目をつぶっている。そのままシャツの中に手を入れて乳首をつまむ。

    声は出さないが息が荒くなっているのがわかる。

     

    「スカートをめくって。」

     

    と言うと素直にゆっくりとまくりあげる彼女。プ〜ンと女の匂いが鼻を突く。

     

    「いやらしい臭いしてるね。」

     

    「イヤッ恥かしい。」

     

    「もっとよく見せて。」

    オレの恥かしい命令にも素直に答える彼女。服を脱がさずに四つん這いにしてアソコが

     

    丸見えの状態にすると

     

    「だめ〜見ないで。」

     

    と必死に抵抗する。

    かまわずに彼女のアソコを舐めまわす。

     

    「私、濡れやすくて…だからいつもアソコの臭いが気になっちゃうの。」

     

    「いいじゃん。濡れやすいのはいいことだよ。」

     

    「でも〜。」

     

    「大丈夫もっと感じさせてあげるよ。」

     

    どんどん溢れてくるお汁を必死で舐めあげるオレ。

    「わたしも欲しくなっちゃった。」

     

    とオレのチ○コを咥え激しいフェラ。服を着たままというのがなんともそそられる。

     

    「イク〜ッ。」

     

    何度も絶頂を迎える彼女。イク度に腰を震えさせてうわごとのように何かをいっている。

    「もっと気持ちよくなろう。」

     

    「え〜もうダメ。」

     

    そんな彼女にのりゆっくりと挿入すると

     

    「あ〜っ、気持ちいい〜。」

     

    と悲鳴を上げる。

     

    「イクッ、イクッ、イクッ。」

     

    と繰り返しイキまくる彼女。

    我慢できずに大量精子をぶちまけてしまった。

     

    「もう〜このまま寝たくなっちゃったじゃない。」

     

    「じゃそうする?」

     

    「っていうわけにもいかないし。」

     

    とシャワーを浴びに行く彼女。服のままプレイしていたことに気付き臭いを嗅ぐと、

     

    やっぱりエッチな臭いが染付いている。

     

    「だいじょうぶかなぁ?気付かれないとおもう?」

     

    「大丈夫だよ。」

     

    と言ってみたものの、ホントはメチャクチャ臭っていた。彼女の友達の反応が見てみたいものだ。

     

    ホントエロくてすみません。

        

    セフレ!セフレ!セフレ!を使って出会った女の子