出会い大全集 出会い系でゲットした女の子にハメ撮り交渉!!天国地獄!!

オススメ出会い系スペース出会った女の子一覧
使ったサイト

セフレバンク
ここのサイトはセフレを探す男女が集まるサイト。 男女の登録数も日本最大らしい。女性会員数も男性会員数を上回っていて、なおかつ 独身の方から既婚者の方まで登録者も幅が広い! まずは積極的に行動あるのみ!!
女の子スペック(満点☆5ツ)
  • 名前:あやこ
  • 年齢:23歳
  • 職業:OL
  • おっぱい:☆☆☆☆
  • ルックス:☆☆☆☆☆
  • スタイル:☆☆☆☆☆
  • 性格:☆☆☆☆
  • 美肌:☆☆☆☆☆
  • アソコのにおい:いいにおい♪
  • 膣圧:☆☆☆☆☆
  • 出費
  • 食事代:5,000円
  • ホテル代:15,000円
  • 合計20,000円
  • 出会った女の子一覧

    12、あやこちゃん (23)

    今回利用したこのサイト「セフレバンク」でおもしろい女の子を見つけてしまった。

     

    最初のメールのやり取りは普通だったのだが、慣れてくると彼女の方から

     

    「ねぇどんなエッチが好き?」

     

    なんて返信が帰ってくるようになり、しまいには

     

    「私、オナニー大好きなんだよね。」

     

    と大胆なメールがかえってきた。そんなエッチな女の子が集まるのがこのサイト。

     

    気軽にエッチ話ができアポも簡単に取れるエロ〜いサイトなのだ。

     

    なんといっても始めから、目的が一緒なのがすばらしい!さすがセフレバンクである!

     

    さて今回のお相手あやこちゃん。中学のころからオナニーにハマリ毎日のようにしていたらしい。

     

    さらに高校になるとオナニー研究会なる会を立ち上げ色々なオモチャややりかたを研究していたらしい。

     

    その友達とは今でも続いており、たまに開催しているという。

    「マジで?おれも参加して〜」

     

    「この会、男はダメなの。嫌がる人もいるし」

     

    「何人ぐらいいるの?」

     

    「前は5人ぐらいかな。今は3人になっちゃったけど。そんな大それた会じゃなくて、仲間うちでって感じ」

     

    「あやこちゃんは男が参加するのは賛成なの?」

     

    「個人的だったら全然アリだよ。」

     

    「じゃ個人的に会わない?」

     

    「いいよ〜。」

     

    意外にも簡単にアポが取れてしまった。

    「こんにちは。」

     

    「あっこんにちは。」

     

    意外にも普通のかわいい女の子だったのでビックリしてしまう。

     

    こんな娘が、オナニーの会を開催しているなんて信じられない!!

     

    「どうしたんですか?」

     

    「いや〜もっと派手な感じの女の子かとおもってたから」

     

    「意外とそういう人がエッチなんですよ〜私の友達なんて『私何もしりません』なんて顔してこんな

     

    大きいバイブズポズポいれちゃうからねぇ(笑)」

     

    う〜ん、女は恐ろしい(笑)。

    「最近男の人とあまり接してないからちょっと緊張しちゃう」

     

    「え〜っ、彼氏いないの?」

     

    「いたら出合い系なんてしないよ」

     

    「それもそうか。じゃエッチの方もご無沙汰だ」

     

    「ご無沙汰って!まぁそうなんだけどね(笑)」

     

    「いや〜今日はいっぱい楽しんじゃうぞ」

     

    「いいねぇ〜ヤル気満々で」

     

    そんな下らないことを話しながらホテルに入る。

    「オモチャもってきた?」

     

    「うん、でも今日はローターだけだよ。」

     

    「いいよ、じゃさっそく見せてもらおうかな。」

     

    目をつぶってゆっくりとオナニーを始める彼女。見られることに感じるのか恥かしそうにうつむきながら

     

    体を震わせている。たまにイタズラをして彼女の乳首をつまんだりすると

     

    「あ〜ん、集中できないよ。」

     

    と腰をくねらせる。オレの目の前で見せつけるように足を大きく開きパンツの横からローターを入れ

     

    スイッチを入れる。

    「あ〜っ、いつもと違う。気持ちいいよ〜。」

     

    「すごいね。もっと見てあげるよ」

     

    耳元で囁くと

     

    「うん、もっと見て欲しい。」

     

    と激しくクリトリスにローターを当てる。

     

    「あっ、下着が汚れちゃう」

     

    そんな事をいってももう手遅れ。

     

    大きなシミが白いパンツにベッチョリとついている。

     

    「あっ、イクッ」体をガクガクと震わせながら倒れこむ彼女。

     

    「あ〜っ、気持ちいいよ〜。」

     

    「じゃ今度はこんなのどう?」

     

    取り出したのは最新式のバイブ。

     

    「なにこれ〜すごいじゃん!」

     

    といった彼女にズッポリと挿入すると

     

    「きゃ〜っ、待って待って〜!」

     

    と悲鳴を上げる!7種類の変化がつけられるこのバイブ。あらかじめ彼女のために買っていたのだ。

     

    実はメールのやり取りの時

     

    「オモチャっていってもさすがに女の子だけじゃ買いに行けないでしょ。だから通販でローターとか

     

    ぐらいしか経験がないの。」

     

    と言っていた彼女。それなら最新式のバイブを彼女にプレゼントしようと用意したのだ。

    「凄い!凄い!」

     

    嬉しそうに自らバイブを握り感触を楽しんでいる。

     

    「これヤバイよ。クセになっちゃう。」

     

    と激しく出し入れをしている。そんな彼女を見て我慢できなくなったオレ。彼女の目の前にモノを差し出

     

    すと、パックリ喉の奥までくわえ込む! バイブの音とジュルジュルとモノを咥える音が部屋中に

     

    響き興奮する。

     

    「ねぇ欲しくなっちゃった…。」

     

    彼女がオレを見つめる。

    そのまま彼女が上に乗りゆっくりと腰を動かし始める。

     

    「あ〜っ、凄い久しぶり」

     

    「どっちがいい?」

     

    「う〜ん、どっちもいい〜。」

     

    そういいながら激しく腰を振りまくる。モノの感触を確かめるように様々な単位を試す彼女。

    「今日は気持ちよかった。これでしばらく男はいいや(笑)」

     

    「え〜あまりよくなかった?」

     

    「うんん、よかったよ。でもオナニーは別モンだから(笑)」

     

    「じゃこのバイブあげるよ。」

     

    「うれしい。友達にも試させてあげよう!」

     

    その場限りの相手だったがオレ的にもかなり楽しめた。また欲しくなったら連絡くれよ〜!

        
    使ったサイトの「セフレバンク」をのぞいて見る!
    使ったサイトの「セフレバンク」をのぞいて見る!