出会い大全集 出会い系でゲットした女の子にハメ撮り交渉!!天国地獄!!

オススメ出会い系スペース出会った女の子一覧
使ったサイト
セフレ即ハメ!

セフレ即ハメ!
エッチが大好きな女性しか登録していない!男女共にリピーター率がNO1のコミュニティです。 仕事帰りに、ちょっと会ってホテルへ!秘密厳守で大人の付き合いも可能です。 女性のほうから積極的にメールが届くので、男性利用者にも人気のサイトです。そして、最大のメリットは男・女ともに目当てはセフレ!!
女の子スペック(満点☆5ツ)
  • 名前:あやか
  • 年齢:20歳
  • 職業:事務系らしい〜
  • おっぱい:☆☆☆☆
  • ルックス:☆☆☆☆☆
  • スタイル:☆☆☆☆
  • 性格:☆☆☆☆
  • お尻:☆☆☆☆
  • アソコのにおい:おっしこくさい
  • 膣圧:☆☆☆☆
  • 出費
  • 食事代:4,000円
  • ホテル代10,000円
  • 合計14,000円
  • 出会った女の子一覧

    08、あやか (20)

    今回遊んでくれたのはあやかちゃん。

     

    セフレ目的の出会い系で有名なサイト「セフレ即ハメ!」で初挑戦してみた!

     

    んでもって、あやかちゃんはというと、お姉さんタイプな感じでメールの返信も積極的。

     

    「水族館や植物園って癒されるよねぇ。」

     

    「えっ、意外だね。オレはあまりそういうところは行ったことがないから興味あるな。」

     

    「今度一緒にいきませんか?」

     

    こんな具合ですぐに会う事ができた。まあこれは、あくまで会うための理由にすぎないのだろうけど。

     

    本当の目的はエッチなことだから…。

     

    今回利用したこの「セフレ即ハメ!」は、広告をたくさん打っていて

     

    登録人数も多いので、こんな風に、普通の女の子とエロイ目的で

     

    すぐにアポが取ちゃう可能性大のサイトなのだ。

    駅のホームに立っていたのはやや緊張気味で周りをキョロキョロしているあやかちゃん。

     

    「普段はスーツばかりで、カジュアルな格好したの久しぶりなんです」

     

    「へぇ〜でも似合っているよ」

     

    「本当ですか、嬉しいな」

     

    すっかり恋人気分。電車に乗りお目当ての植物園に向かう。

     

    「普段緊張が続く仕事でものすごく疲れるんです」

     

    そういえば彼女の職業を聞いていなかった。まぁ彼女から言わないのであれば無理して聞く必要は

     

    無い。

     

    「だからたまの休みになると、疲れて家でずっと寝ているだけとかで。」

     

    「そうなんだ。大変そうだね」

     

    「彼氏もいないし、一人で出かけるのも淋しいし。でも今日はとても楽しみ」

     

    と嬉しそうにしている。オレもこんなデート気分は久しぶり。電車の中のでの会話が続くか気に

     

    なっていたが、そんな心配は無用だった。

     

    「私歩くの遅くありませんか?」

     

    と常に相手のことを気遣う彼女。そんなことされたことがないオレは逆に恐縮してしまって

     

    「そんなに気を使わないでよ〜。」

     

    とテレてしまう。

     

    「あ〜っ、気持ちいい〜来てよかった〜癒されるな〜。」

     

    「写真とってあげるよ。」

     

    「うん、かわいく撮ってね。」

     

    まさか出逢い系で会った二人とはだれも思わないだろう。彼女から手を繋ぎ

     

    「今度はこっちにいこう。」

     

    と積極的に接近してくる。もうオレはドキドキしっぱなし。しばらく周り、歩き疲れレストランで休憩。

    「私歩くの遅くありませんか?」

     

    と常に相手のことを気遣う彼女。そんなことされたことがないオレは逆に恐縮してしまって

     

    「そんなに気を使わないでよ〜。」

     

    とテレてしまう。

     

    「あ〜っ、気持ちいい〜来てよかった〜癒されるな〜。」

     

    「写真とってあげるよ。」

     

    「うん、かわいく撮ってね。」

     

    まさか出逢い系で会った二人とはだれも思わないだろう。彼女から手を繋ぎ

     

    「今度はこっちにいこう。」

     

    と積極的に接近してくる。もうオレはドキドキしっぱなし。しばらく周り、歩き疲れレストランで休憩。

    「なんか私だけたのしんじゃってない? 大丈夫?」

     

    「なにいってんだよ〜オレも楽しくてドキドキしてるよ」

     

    「え〜なんでドキドキしてるの?変な事考えてるんじゃない(笑)」

     

    「いやいや…。」

     

    そんな会話をしながらまた公園をブラブラする。

     

    「今日は楽しかった。どうもありがとう。疲れがふっ飛んじゃった」

     

    「よかったオレも楽しかったよ!」

     

    帰りの電車の中、手を繋ぎ何も言わずにたまに見つめ合う。

     

    「ねぇこのまま帰るのもなんだし、ちょっと休んでいかない?」

     

    「うん、いいよ。」

    彼女の手を強く握る。電車を降りてホテル街の方へ無言で歩く。

     

    彼女の緊張が伝わり俺まで緊張して手があせばんでしまう。

     

    「ごめんね手に汗かいちゃった」

     

    「いいよ(笑)私も緊張してるもん。」

     

    部屋に入ってやっと会話を交わす。

     

    「それにしてもすごいね。こんなのまで売っているんだ」

     

    と大人のオモチャに興味を示す。

     

    「買ってあげようか!」

     

    「え〜!」

     

    といいながらも拒否はしない。ロータとバイブを買い彼女に手渡す。

    「すご〜い!こんなの入らないよ〜!なに考えているの(笑)」

     

    「でもね、意外と濡れていると入っちゃうもんだよ」

     

    「本当?信じられない」

     

    「じゃ試してみる?」

     

    彼女の横に座りゆっくりと服を脱がせながらローターで刺激をする。

    「あっ、あっ、こんなの初めて…。スゴク気持ちいいよ〜」

     

    ローターを当てるたびにビクッと体を振るわせる。その反応が面白くなってきたオレは焦らすように

     

    何度もそれを繰りかえす。

     

    「もう〜そんなに焦らさないで」

     

    と切ない声を上げる彼女。アソコはもうベッチョリ濡れている。

     

    「恥かしい…見ないで。」

     

    バイブのスイッチを入れ彼女のアソコにあてがうと

     

    「あ〜っ、すごい〜感じる」

     

    とオレに抱きついてくる。

    またまた濃密なエッチをしてしまった…笑

     

    「最近エッチしてなくて。あまり経験ないし。こんなことする人初めてだよっ!!」

     

    とちょっと愚痴る彼女。そんなの事を言っていても本当は感じているようだ。

     

    お互いに散々楽しんだ後ベッドで煙草を吸っているオレに

     

    「ねぇ、彼女いるの?」

     

    「えっ? いないよ。」

     

    「遊びでもいいからまた会ってくれる?」

     

    「もちろん!」

     

    味わった事がない刺激が彼女の心を動かしたようだ。

     

    アレから彼女とは何回もエッチを楽しんでいる。もちろん出会い系サイトは続けています。

     

    エロくてごめんなさい!

        

    セフレ即ハメ!で出会った女の子