出会い大全集 出会い系でゲットした女の子にハメ撮り交渉!!天国地獄!!

オススメ出会い系スペース出会った女の子一覧
使ったサイト
セフレ即ハメ!

セフレ即ハメ!
エッチが大好きな女性しか登録していない!男女共にリピーター率がNO1のコミュニティです。 仕事帰りに、ちょっと会ってホテルへ!秘密厳守で大人の付き合いも可能です。 女性のほうから積極的にメールが届くので、男性利用者にも人気のサイトです。そして、最大のメリットは男・女ともに目当てはセフレ!!
女の子スペック(満点☆5ツ)
  • 名前:さなえ
  • 年齢:24歳
  • 職業:OL
  • おっぱい:☆☆
  • ルックス:☆☆☆
  • スタイル:☆☆☆☆
  • 性格:☆☆☆☆☆
  • お尻:☆☆☆
  • 美肌:☆☆☆☆☆
  • 膣圧:☆☆☆☆☆
  • 出費
  • コーヒー代:400円
  • ホテル代10,000円
  • 合計10,400円
  • 出会った女の子一覧

    03、さなえちゃん (24)

    今回遊んでくれたのはさなえちゃん。

     

    バーバリーのワンピースがとてもお似合い。

     

    かなり若く見える女の子だ。利用したサイトは「セフレ即ハメ!」。

     

    「友達相手」ではなく、その一段向こうの、「エッチ相手」を探している女の子が探せることができるのが

     

    なんといってもいい利点!わずらわしさがなく、話がサクサクエッチな方向に…。

     

    そんなこんなで深夜の時間帯に何度かメールをしていた、メル友。

     

    日常の出来事を話せる気軽な相手という関係だったが、プライベートのことを

     

    話すようになり、すぐさまエッチ話しで盛り上がる事ができた。

     

    そうなってくるともう止まらない! お互いの人には言えない性癖をバクロ!

     

    興味があるエッチやオモチャの話で盛り上がるようになった。

     

    メール交換を続けて2週間がたったころ、彼女のメールの内容が彼氏との別れ話に変った。

     

    そして相談に乗っているうちにめんどくさくなって「そろそろ会いたくなっちゃたな」と切り出す。

     

    すると「いいけど会えるのは平日の昼だよ」とあっさりOK。

    無理やり仕事を終わらせ彼女のスケジュールに合わす。

     

    待ち合わせの場所に早く着いたオレ。

     

    だが彼女の方が先に着いていた。

     

    「こんにちはさなえちゃんですよね。」

     

    「あっ早いですね。わたしもドキドキして早く家出ちゃったんです。」

     

    と嬉しそうに笑っている。とりあえず近くの喫茶店で話をする。

     

    「思っていたよりも若いですね。」

     

    「そんなことないよ。さなえちゃんだって若いじゃん。」

     

    「え〜っ、もう年ですよ〜。」

     

    しきりに年齢を気にしているようだ。

    「へ〜こういう感じのお店ってあまり来た事がないからうれしい」

     

    とビールをガンガンのみまくる。何かを忘れようとしているのか、飲みのペースがメチャクチャ早い。

     

    「あ〜っ、スゴク楽しい〜」

     

    とオレにもたれかかりながら嬉しそうにしている。

     

    酒があまり強くないオレは飲んでいるフリをしながら彼女を誘うタイミングを伺う。

     

    「あ〜っ、ちょっと飲みすぎたな〜。」

     

    「出ようか。」

     

    「うん…。」

     

    ちょっとふらつきながら店を後にする。

    「少し風にあたろうよ。」

     

    と公園をブラブラする。彼女の方から腕を組んできてすっかり舞い上がってしまうオレ。

     

    彼女の了承も得ずにホテル街の方へ歩いていく。

     

    「ここで嫌がったらしょうがない。」

     

    と思ったが何も言わず素直についてくる彼女。

     

    「ここのホテルキレイなんだよ。」 

     

    「え〜っ、見てみたい。」

     

    「じゃ入ろうか。」とあっさりとホテルに連れ込む事が出来た。

    「このベッド気持ちいい〜。」

     

    とハシャぐ彼女。ここは焦らずに冷蔵庫から缶ビールを取り出し彼女に手渡す。

     

    「ねぇこっちに来て。」

     

    と誘ってくる彼女。大胆に足を開き俺を挑発してくる。我慢できなくなったオレは彼女に抱きつく。

    「焦らないで。一緒に気持ちよくなろうよ。」

    すっかり彼女のペースにハマッてしまった。

     

    ねちっこいフェラ。濃厚に責めてくる彼女にもうメロメロ。

    最後まで彼女のペースで終わってしまった。

     

    ゆっくりとベットに寝ながら彼女に

     

    「エッチ好きなのだね」

     

    と言うと

     

    「「え〜っ、嫌いな人いないんじゃない?」

     

    とキッパリ答える。

     

    その後も彼女とは何回か会っている。

     

    さすがに今はオレのペースでエッチを楽しんでいるが…。

        

    セフレ即ハメ!で出会った女の子